市民映画製作 映画スタッフ募集!!

 昨年、当法人が岩手県文化振興基金の助成を得て実施した文化芸術講座「いわて塾・映像製作講座」を発展させ、市民による映画づくりの実践活動を行い、映像づくりの人材育成を行います。
 近年、岩手芸術祭映像部門は、出展作品が激減し存亡の危機に瀕しています。これは平成5年の国民文化祭いわての開催をピークに、県内の愛好者の高齢化が進むとともに、撮影機器の多様化がすすみ、一般市民による動画撮影が容易となる反面、逆に芸術性を追求した「作品づくり」の動きが鈍化しているからと推測させます。
 このため、70回の記念となる平成29年度の岩手芸術祭では、将来の作品づくりの起爆剤となるよう、映像部門の運営を担当している岩手県演劇協会と連携して映像と演劇のコラボレーションによる新しい形の映画製作を、市民公募のスタッフによって行うこととなりました。

【映画製作スタッフの募集】
対 象:「いわて塾・映像製作講座」受講者、又はこれから映像づくりを学ぼうとする方。
     未経験者可。年齢不問。(高校生以下は保護者の同意が必要です。)
活動内容:監督助手、撮影、記録、録音、照明その他
定 員:15名。(出演者は、岩手県演劇協会の担当劇団が配役します。)

【活動の日程】
   6月11日(日)13時30分~ 脚本初読み合わせ、打合せ
   6月    ロケハン、撮影準備
   7月~9月 撮影
   10月    編集
   11月18日、19日上映(もりおか町家物語館浜藤ホール)

【参加費】
 2000円(連絡費、傷害保険等に充てます)
 ※活動のための交通費は原則参加者負担です。

【応募方法】
以下の事項をメール又はFAXにて応募先までお申し込みください。
1、氏名・性別・年齢・生年月日
2、住所、電話番号、メールアドレス

【応募先・お問い合わせ】
いわてアートサポートセンター風のスタジオ
TEL:019-604-9020 FAX:019-604-9021
Mail:kaze@iwate-arts.jp

もりおか町家物語館
TEL:019-654-2911
メールフォーム:http://machiya.iwate-arts.jp/?page_id=35

———————————
【作品と主要スタッフ】
◉映像と演劇のコラボレーション「蛾と笹舟」

映像に、語り(ナレーション)と演奏が生の舞台でコラボレーションします。
撮影は、鉈屋町界隈を中心に盛岡市内、岩手県内で行います。
東京で活躍しているプロのカメラマン千葉真一(盛岡出身)が映像製作を指導します。

【主要スタッフ】
原作          森荘已池(昭和18年度直木賞受賞作品)
脚本・演出       坂田裕一(劇団赤い風・日本演出者協会)
撮影監督及び指導    千葉真一(「いわて塾映像製作講座」講師)
キャストプロデュース  大森健一(劇団赤い風・岩手県演劇協会副会長)
製作          いわてアートサポートセンター
            劇団赤い風(岩手県演劇協会)
            いわて映像クラブ(仮称)
制作(上映&上演制作) もりおか町家物語館
製作著作        いわてアートサポートセンター

主催:特定非営利活動法人いわてアートサポートセンター ほか

※盛岡経済新聞に掲載されました。↓
 https://morioka.keizai.biz/headline/2357/

関連記事

ページ上部へ戻る