~トヨタ・子どもとアーティストの出会い~子ども音楽劇「ゆきわたり」

~トヨタ・子どもとアーティストの出会い~
子ども音楽劇「ゆきわたり」

原作:宮沢賢治(童話「ゆきわたり」より)

いわて出身の作家・宮澤賢治の童話「雪渡り」をベースに、歌とダンス・楽器の演奏を
織り交ぜて現代風にアレンジしたオリジナル音楽劇『ゆきわたり』。
小学5・6年生の子どもたち7名が昨年10月から約半年間、発生・リズム・演技などの
基礎練習から始め、作品に取り組みました。
展示室内に設営した特設舞台で発表します。

人間の子どもの四郎とかん子が、ある日キツネの紺三郎に出会い、
キツネの幻燈会に招待されます。
二人は、おいしい黍団子やキツネたちによる楽しい出しもので夢のような時間を過ごします。
キツネと人間が心を通わせる物語です。

演出:畠山泉
脚本:牛崎想也
作曲:稲生創
舞台美術:長内努
振付:熊谷雄希
総合コーディネーター:坂田裕一
音楽監督:寺崎巖

【日時】2016年3月6日(日)15:00開演(14:30開場)

【会場】宮古市民文化会館 展示室内特設舞台(宮古市磯鶏沖2-22)

【料金】入場無料(車でお越しの際は大ホール正面玄関そばの駐車スペースをご利用ください。)

【問い合わせ】宮古市民文化会館 0193-63-2511

主催:宮古市民文化会館/指定管理者 特定非営利活動法人いわてアートサポートセンター
   いわて文化支援ネットワーク
   トヨタ自動車株式会社
共催:岩手県トヨタ販売会社グループ・トヨタ自動車東日本株式会社

関連記事

ページ上部へ戻る